ホーム>よくある質問と答え

葬儀に関する、よくある質問と答え

1.代表として参列した場合の記帳は?

グループの代表として参列したときは、個人名でなくグループ名で記帳するのが、一般的です。
記帳の仕方としては、グループ名の下に「代表」としご自分の名前を書かれると良いでしょう。

このページのトップへ戻る

2.お通夜に行きたいが、着替えに帰る時間が無いときは?

特に派手な服装でなければ、アクセサリー類を外して薄い目のお化粧にすれば大丈夫でしょう。
故人と面識がないようでしたら、お通夜は遠慮して告別式に参列されるだけでも良いでしょう。

このページのトップへ戻る

3.どうしてもお通夜にしか伺えないときは?

やむを得ない事情でどうしても告別式に参列できない場合は、内輪で行うお通夜にだけ行かれれても良いでしょう。
ただし、告別式に参列できないお詫びをご遺族に忘れずに伝えておきましょう。

このページのトップへ戻る

4.弔問の言葉と禁句は?

■お悔やみの言葉
・この度は、まことに思いがけないことで。
・本当に残念でございます。
・お疲れの出ませんように。
■忌み言葉
・かえすがえすも残念で(重ね言葉は、禁句)
・天寿を全うされて(他人が、判断することでは、無い)
・死因は、○○ですか?(弔問者から言う言葉では無い)

このページのトップへ戻る

5.上司の代理で参列し、名刺を預かってきたけど?

代理で参列した場合は、名刺を差し出して「○○の代理でございます。」と告げればよいです。
芳名録に記帳する際は、上司の名前を書いて左下に「代理」と書きます。
代理であっても最後までお見送りするように心がけましょう。

このページのトップへ戻る

6.葬儀での子供の服装はどんなものが、良いですか?

幼稚園や学校の制服が有れば、それが子供の礼服となります。
それ以外は、男子なら、小学生は半ズボン、中学生以上は、長ズボンと上着。
女子は、ワンピースまたは、ブラウスとスカートの組み合わせなどが、無難です。
もちろんデザインや色遣いも派手でなく地味なものを選ぶようにしましょう。

このページのトップへ戻る

7.遠方から親戚の人が、来られるので宿泊施設を探しています。

大谷会館では、各ホールに「洗面」・「バス」・「トイレ」を完備した和室をご用意しております。
もちろん、無料でご利用いただけます。
飲食物の持ち込みも制限が、有りませんのでご自由にどうぞ。
人数が多い場合は、当社担当までご相談ください。
お部屋をご用意させていただきます。

このページのトップへ戻る

8.お葬式のあとの事が、よく解らないんだけど?

お葬式が、終わったあともご遺族の方は、やっておかなくてはいけないことが、たくさんあります。
お礼状の手配・故人の諸整理・香典返し・相続のこと・葬儀後の諸手続など、わからないことも多いと思います。
わからないことが、有れば葬儀後も「大谷会館」にご相談ください。
親身になってお答えさせていただきます。

このページのトップへ戻る